旅行

イタリア旅行記⑤ ~ピサの斜塔~

更新日:

2016年7月に新婚旅行でイタリアに行ってきました!

前回のイタリア旅行記④ ~フィレンツェ観光~に続き、
今回はイタリア旅行記⑤ ~ピサの斜塔~についてお話しします。

 

ピサの斜塔までの道のり

フィレンツェ滞在2日目に、ピサの斜塔へ行きました。

ピサへはフィレンツェのS.M.ノヴェッラ駅から電車で1時間ほどかかります。

Pisa S. Rossore駅で降りて徒歩20分ほどのところです。

すごく小さな駅で、普通の田舎町といった雰囲気です。

 

歩いていると、遠くにピサの斜塔が見えてきました!

思ったよりも歩くうえ、ピサも石畳が多いので、歩きやすい靴で行くことをおすすめします。

 

だんだんとピサの斜塔に近づいてくると、その大きさと、思ったよりも
大分傾いていることにびっくりしました。

すぐそこに見えるゲートをくぐれば、ピサのドゥオーモ広場に到着です!

 

ドゥオーモ・洗礼堂

ピサのドゥオーモ広場に到着すると、まず目に入ってくるのが洗礼堂です。

その奥にドゥオーモ、斜塔(ピサの斜塔)と続きます。

 

これが洗礼堂(バッティステロ)です。

12世紀半ばから14世紀にかけて建てられたもので、非常に美しいデザインです。

中にも入ることができます(無料、切符売り場で切符の入手が必要)。

この空間の音響効果は素晴らしく、毎時00分と30分に音響パフォーマンスがあります。

 

その先にはドゥオーモがあります。

素晴らしい装飾ですね!ピサ・ロマネスク様式の最高傑作です。

中にある説教壇は、ジョバンニ・ピサーノによるもので、
中央には信仰・希望・慈愛を表現した彫刻があります。

 

そして説教壇の近くの天井から下げられているブロンズのランプは、
これが揺れ動くのをみたガリレオが「振り子の法則」を発見したということになっています。

(実際には違うようですね)




ピサの斜塔

そして、その奥にあるのが、いよいよピサの斜塔です!

1173年の建設当時から地盤沈下のために、毎年傾斜し続けています。

遠くからみても分かりますが、本当にかなりの傾斜で傾いており、
いつ倒れるか…と心配になってしまいます。

 

周りにはやはり多くの人が斜塔を支えるポーズで記念撮影をしています!

もちろんわたしたちもそのポーズで記念撮影をしました。

 

ピサのドゥオーモ広場には、売店も多く立ち並んでいて、
たくさんのピサグッズが売っています。

スヌーピーが斜塔を支えているデザインのシャツもあり、可愛かったです。

 

ピサの斜塔はフィレンツェから1時間以上かかるため、往復だけで半日は経ってしまいます。

この日は、フィレンツェに戻って、ブラブラとショッピングをして過ごしました。

 

夕食はレストランで肉料理です!

2人分と書いてあったのですが、明らかに4人分ですね…

この間のスズキ料理といい、イタリア人の胃は大きいのかもしれません。

とても美味しかったのですが、お腹がいっぱいになってしまいました。

 

おわりに

フィレンツェを訪れた際、時間に余裕があれば是非ピサの斜塔に行ってみてください!

本物の斜塔を間近でみると、本当に圧巻です。

 

次回は、イタリア旅行記⑥ ~ヴェネツィア観光その1~についてお話しします。



 

-旅行
-, ,

Copyright© はるみとワルモコブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.