ネコ

猫を飼うなら ~保護猫、ペットショップ、ブリーダーの選択~

更新日:

ココ
今回は保護猫やペットショップの違いについて教えるニャ
モコ
モコは保護施設から引き取られたモコ!
ココ
ココはブリーダーから買われたニャ
モコ
ココとモコは見た目も生まれも違うモコね

 

保護猫を引き取るとき

保護猫の引き取り方にもいくつか方法があります。

1.里親募集の譲渡会で引き取る

2.里親募集の保護主・保護団体から引き取る

3.保護施設から引き取る

 

メリット、デメリットは次のようなものがあります。

メリット

・保護猫の里親になることで、猫を助けることができる

・購入するよりも安く引き取れる

1~2週間のトライアル期間がある場合もある

デメリット

審査が厳しく、単身者は引き取れない場合もある

・特に子猫の場合は、競争率が高く引き取りが難しい

ウィルス検査をしていない場合もある

 

わたしはモコを東京キャットガーディアンの大塚シェルターから引き取りました。

子猫を引き取るのに、審査もそこまで厳しくなく、その場で猫を選んだら
すぐに引き取れるので、保護猫の子猫を引き取りたい場合にはよいと思います。

東京キャットガーディアンの記事はこちら

 

ココ
保護猫はほとんど雑種だから、欲しい猫種がある場合には難しいのニャ
モコ
モコはキジトラモコ!
ココ
だからモコはやたらとヤンチャなんだニャ…

 

ペットショップで猫を買うとき

猫を飼う場合に初めに思いつくのが、ペットショップかもしれません。

メリット、デメリットとしては次のようなものがあります。

 

メリット

子猫が多く、色々な猫と直接触れ合える

人気の種類が多く、欲しい猫種が手に入りやすい

・購入してすぐに引き取れる

デメリット

・ブリーダーや保護猫よりも高い

・血統書付きの猫は手に入らない場合が多い

・幼少期に親猫と引き離され、社会性が身についていない場合もある

 

ペットショップでは人気種の子猫が多くあり、面倒な手続きもせずに
すぐに引き取れる、というメリットがある一方で、
高価であること、社会性が身についていない可能性があることが心配です。

 

ココ
ネコは生後最低3ヶ月は、親兄弟と過ごした方が社会性が身に着いていいのニャ
モコ
モコは2カ月のときに保護されたモコ!
ココ
だからモコはワルネコなのかニャ…

 

ブリーダーから猫を買うとき

欲しい猫種がある場合、ペットショップではなくブリーダーから購入するという選択肢もあります。

ブリーダーから購入する場合のメリット、デメリットは次のとおりです。

メリット

ペットショップよりも安く購入できる

・血統書付きの猫が手に入る

・親兄弟と長く過ごしているため、社会性が身についている

デメリット

・ブリーダーが遠方だと、実際に見に行くことが困難

・当然ながら保護猫よりは高価

悪質なブリーダーも中にはいる

 

ブリーダーから購入すると、仲介業者がいないためペットショップよりも
安く手に入れることができます。

しかし、中にはずさんな健康管理をする悪質なブリーダーもいるため、
そのブリーダーの評価をよくみて、信頼できるブリーダーから購入しましょう。

 

ココ
ココはトンキニーズという血統書付きネコなのニャ
モコ
モコよりも良いネコということモコ?
ココ
ネコに貴賤はないのニャ!天はネコの上にネコを造らずネコの下にネコを造らずニャ!
モコ
なるほどモコー

 

まとめ

1.欲しい猫種がある場合は、ブリーダーから購入するのがおすすめです。

2.安く手に入れたい、保護猫を助けたい!という場合は、保護施設等から猫の里親になる選択を考えましょう

東京キャットガーディアンの記事はこちら



-ネコ

Copyright© はるみとワルモコブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.