転職

特別区経験者採用の試験対策② ~論文試験のポイント~

更新日:

前回の記事に続き今回は、わたしの経験を元に、特別区採用試験の
1次試験の
論文試験について、対策のポイントをまとめました。

 

 

論文試験のポイント

論文を書くときのポイントとしては、たった4つです。

 1.字数を9割以上埋めること

 2.誤字脱字が無く、丁寧な字でかくこと

 3.構成がしっかりしていること

 4.稚拙な言葉を使わないこと

 

1.については当たり前のことのように感じますが、論文の字数は
1500字以内で、
書いてみると意外に字数が多く大変です。

9割以上となると、1350字以上を埋める必要があるため、何度か練習で書いてみましょう

因みに論文試験は鉛筆のため、鉛筆は5本以上用意して休憩時間には
鉛筆削りで削っておいてください。

 

2.についても当然ですが、公務員という職業上、誤字脱字や丁寧な
字で書くことが
重要です。

 

3.の論文構成というと難しく思うかもしれませんが、簡単です。

序章→要旨(結論)→具体例→まとめ といった感じでまとめればよいのです。

素晴らしい内容の論文を書く必要はなく、無難な内容でまとめることが重要です。

 

4.稚拙な言葉を使わないこと、については、要するに公務員っぽい固い
文章を
心がけるとよいと思います。

 

論文について、自分だけでは良し悪しがよく分からないことが多いです。

できるだけ、家族や周りの友人等(特に文章が得意な人)にチェックを
してもらい、
ブラッシュアップしていくとよいでしょう。

 

それぞれの論文試験対策については、こちらの記事もご覧ください。

 

2019年度より、特別区経験者採用の受験資格年齢枠が
拡大されたのに伴い、論文試験の採点も厳しくなる可能性があります。

詳しくは以下(↓)の記事をご覧ください。

関連記事:【2019年度】特別区経験者採用の変更点と対策

公務員に必要な文章能力は、内容が素晴らしい、とか革新的なアイディア
である、
というものではなく、必要な内容が書かれ、誤字脱字等のミスが
なく、
区民へ見せても問題ない、という観点が重視されます。

 

実際、上司に仕事で添削してもらった決裁文書なども、必ずしも素晴らしい文章だ!とは思いません。

公務員の場合、情報開示制度というものがあり、区民等から要請を受けた
場合、
決裁文書なども、情報開示されるリスクがあります。

そのため、「区民に見せても問題ない」無難にまとまった文章であることが最も大事なのだと感じます。

 

論文試験対策の進め方

論文試験は、次の流れで対策をしてください。

 1.自分が今まで経験してきた仕事を棚卸する

 2.過去のテーマについて、いくつかWord等で論文を書いてみる

 3.ブラッシュアップする(通信講座や家族の添削等)

 4.完成した論文を覚える

 

1.については、また次の記事で詳しく述べますが、いままで
経験した仕事の棚卸をすることで、論文に書けるネタを探します。

 

2.についても、また次の記事で述べますが、過去の論文テーマから
4つくらいを
ピックアップして、実際にWord等で書いてみます。

鉛筆で書く練習は論文をブラッシュアップして、完成した後の最終段階で構いません。

 

4つくらいのテーマで論文を準備しておけば、試験当日全く同じテーマで
なくても
どれか一つは関連する(掠る)ようなテーマが出るため、
準備しておいた論文を
少しアレンジして書くだけでよいのです。

 

3.については、前述したように通信講座を利用したり、家族に添削
してもらう
等して、
論文をどんどんブラッシュアップしていきます。

できれば2人以上の人に見てもらえると、違う観点からの意見がもらえ、
論文の完成度は高まります。

 

4.の完成した論文を覚えるのは最終段階です。

この段階で、実際に鉛筆で論文を書く練習もしましょう。

わたしの場合、自分の書いた論文(5つ)を丸暗記しました。

ここまでやる必要のない人もいるかと思いますが、論文はどうしても苦手!
という場合
は丸暗記しておいて、当日の論文試験に使うのが、最も簡単かと思います。

まとめ

論文のポイントとして、決められた文字数を無難な内容でまとめることです。

また、論文を書く前に、今までの仕事の棚卸を行い、
過去問からいくつかのテーマをピックアップし、準備をしておけば
当日どんな論文が出ても対応できます!

 

論文試験の点数は1次試験の合否だけでなく、最終試験合格時の順位にも
影響するため、ここにどれだけ時間をかけて対策できるかで、最終順位、
ひいては自分の希望する区に入れるかが決まります。

 

2019年から募集条件変更により、論文試験のハードルも今までより高くなるかもしれません。
特別区に絶対に入りたい!方は、LECなどで論文の添削をしてもらうのもおすすめです。

↓↓

LECの公務員対策講座はこちら

また、公務員の採用情報、合格体験記などの情報を知りたい場合は、
「クレアールの公務員転職ハンドブック」(無料)を申し込んでみるとよいでしょう!

↓↓

公務員転職ハンドブック申込み(無料)はこちら

-転職
-, ,

Copyright© はるみとワルモコブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.